×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国際特許事務所 東京都新宿区

国際特許事務所に対して特許素人が抱くであろう疑問について取り上げ纏めております。

国際特許事務所 メニュー

特許事務所へ電気系技術者が転職するなら

特許事務所で働く人は弁理士有資格者か、弁理士資格の取得を目指して勉強中の人、などが多いでしょう。
また最近、電気系をはじめとする技術者の方の中に「特許事務所に転職したい」という声があるようです。
 
電気系のメーカー、機械系、バイオテクノロジー、環境産業など、あらゆる業界に不況の影響が現れ、技術者として就職したものの年収が下がってしまった、という不安を抱える人も多いようです。
ただ、非常に厳しい言い方になりますが、特許事務所の仕事には向き不向きがあるようですし、全員が「独立」に向くというわけではないようです。
 
特許事務所で働いてみて「新しい仕事がおぼえられない」「こんなはずではなかった」として、結局は技術者に戻るというパターンも多いものです。
どうしても特許関係の仕事につきたいなら、一度、大手企業の知的財産部で働いてみる、ということも一案なのかもしれません。
 
また、特許事務所に転職したとしても、無資格のうちは年収が低いようです。
弁理士試験は合格率が8.5パーセント程度という難関資格ですので、合格するのに時間がかかるかもしれません。
 
電気系の技術者の方には、大学院で修士号を取得している方もいるでしょうから、弁理士試験(2次)で選択科目の免除制度を受けられるのかもしれませんね。
こうしたことを考えてから、転職の行動を実際に起こしたほうがいいかもしれません。
 
また、特許事務所の仕事は「一度に色々なことをこなす能力」が必要と言われているようです。
電気系だけではなく、技術者の方は「一点集中」の仕事法で成功してきた人もいるかもしれませんが、特許事務所の仕事につくなら、色々なことを同時並行で進められる仕事術も身につけるほうが、いいそうですよ。

 
国際特許事務所 外部リンク
ためになる情報

SEO 被リンク Yahoo SEO SEOサービス Google SEO SEO会社 Bing SEO SEO格安 SEO業者 Yahoo SEO対策 Google SEO対策 SEO対策 Bing SEO対策